TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
国内ネットワーク
海外ネットワーク
海外注目の拠点

海外注目の拠点

前のページへ戻ります

上海経貿山九 上海浦西物流センター オススメ


山九株式会社の中国における現地法人、上海経貿山九儲運有限公司(本社:上海市)は2017年8月1日、上海浦西(ホセイ)物流センターを開設しました。

上海浦西物流センターは、上海における物流拠点の要所である嘉定(カテイ)区に位置し、30,864m2の床面積を有する倉庫です。
主要取扱品は、中国国内向けの衛生陶器、化成品、電子部品となります。


上海市嘉定区には、同センター設立以前には2棟の倉庫を保有しておりましたが、それらの一部機能を同センターへ集約化し、より効率的で高品質なサービスをお客様にご提供するため設立いたしました。

また上海市浦東地区では、上海経貿山九儲運有限公司は
上海浦東物流センター(30,000m2)を有しているため、これで上海市の東西2箇所において大規模物流センターを保有することとなりました。

市中心部の消費地に近い浦西地区の上海浦西物流センター、上海港に隣接する浦東地区の上海浦東物流センター、それぞれのメリットを活かした物流サービスのご提供に加え、お客様の需要に合わせたお預かり商品の振分け配置のご提案など、多様なお客様の物流ニーズへのご対応が可能となっております。


今後も山九グループは、物流施設とネットワークを更に高度化・多様化させ、中国国内物流の更なる強化と日本、東南アジア向けの国際貨物の取扱い拡大を図ってまいります。

山九 上海 物流センター


■上海浦西物流センター 概要

名称   :上海浦西物流センター
所在地:上海市嘉定区労働路800号(上海市嘉定区)
床面積:30,864m2
取扱品:衛生陶器、化成品、電子部品等

■上海経貿山九儲運有限公司について

1996年10月設立、従業員数997名、日本人11名(2017年8月現在)。
中国上海市内ならびに江蘇省(蘇州・無錫他)、浙江省(杭州)、湖北省(武漢)に延べ12万m2の倉庫を有する、中国における山九グループ最大規模の現地法人です。
中国華東地区の物流ネットワークならびに華北、華南地区との連携、さらには国際物流との組み合わせにより幅広いお客様の物流ニーズに対応しております。


中国における山九のネットワークはこちらから

上海経貿山九儲運有限公司/太倉支店のご紹介はこちらから

上海経貿山九の浦東第一物流センターはこちらから


お問合せはこちらから



大連山九 ハルビン物流センター


山九株式会社の中国における現地法人、大連山九国際物流有限公司(本社:大連市)は2017年1月1日、ハルビン物流センターを開設しました。


同センターは自動車産業や医薬・食品加工企業等が進出する平房開発区に位置し、約3,500m2の床面積を保有しています。
主要取扱品は自動車部品。現地社員を管理監督職として常駐させる予定であり、緊急時の早急な対応、高品質なサービスをお客様に提供することができます。


今回の哈爾浜市(ハルビン市)への物流センター開設により、中国東北三省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)を結ぶネットワークの構築が完成しました。
これにより、同地域における国内配送・幹線輸送業務の増強に加え、大連港をゲートウェイとする第三国向けの輸出入業務への対応が可能となりました。


今後も山九の物流ネットワークを最大限に活用し、日本や東南アジア向けの食料衣料品および農林水産品等の国際貨物の取扱いについて国内物流同様、更なる強化を図ってまいります。

哈爾浜 ハルビン 物流センター 山九


■ハルビン物流センター概要

名称:ハルビン物流センター
所在地:黒龍江省哈爾浜市平房開発区南海路1号 招商局物流センター内(地図)
床面積:3,500m2
取扱品:自動車部品関連

■大連山九国際物流有限公司について

1993年4月設立、従業員数100名(2017年現在日本人3名)。
中国東北地方の国際物流拠点である大連港を中心とし、周辺自動車メーカーへの貨物納入、24時間のミルクラン対応を実施。
効率的かつ正確な物流サービスを東北地方全域に提供しています。

大連山九 長春倉庫についてはこちらから


ウェブからのお問合せはこちらから



広州山九 アモイ物流センター


山九株式会社の中国における現地法人、広州山九物流有限公司(本社:広東省広州市)は、2016年7月15日に中国の厦門(アモイ)市に物流センターを開設いたしました。

倉庫名称はアモイ物流センターで、倉庫面積は3,000m2。
主に日系化学メーカーの配送センターとして稼働し、福建省内における顧客営業及び集荷活動を展開しております。
華東・華南地域と福建省内を結ぶ中継地としての利便性の高さを評価し、厦門市での物流センター開設を決定いたしました。

厦門市は、改革・開放政策により1981年に経済特区に指定され、福建省における主要都市として発展しております。
対外貿易の早期開放による物流網の発達を背景に、従来のトラック輸送に加え、内航船、鉄道の輸送手段選択が可能な地域となっております。


厦門 物流センター 山九


■アモイ物流センター概要

倉庫名称:広州山九物流 アモイ物流センター
所在地:厦門市翔安区新霞南路609号
開設日:2016年7月15日
倉庫面積:3,000m2


■広州山九物流有限公司について

1996年11月設立。従業員740名(2016年9月現在)。
広州市を中心に輸出入フォワーディング業務、国内輸送業務、倉庫作業等を行う総合物流会社。
山九グループの中国における最大の倉庫「華南物流センター」や、「重慶物流センター」、自社車両110台を有する大規模な現地法人です。

華南物流センターについてはこちらから

重慶物流センターについてはこちらから



お問合せはこちらから



大連山九国際物流有限公司 長春倉庫


平成28年4月15日、弊社の中国・大連における現地法人・大連山九国際物流有限公司が中国北部の吉林省長春市に開設した長春倉庫は、取扱い貨物の増加に伴い手狭になった第一倉庫(5,100m2)、第二倉庫(3,200m2)の両拠点倉庫を新倉庫に集約することで、更なる対応力強化と事業運営の効率化を目的としております。

延床面積は18,000m2で、主に自動車部品、化成品、潤滑油を取扱っております。
併せて、長春支店事務所も同倉庫内に移設し、倉庫運営業務に加え営業拠点としての機能を保有しております。

また、この開設により、内陸物流のネットワーク拡大と中国東北地区物流関連の情報収集活動、その他「東北地方通関一元化(※)」の活用による、大連港を窓口とした国際物流の取扱拡大も図ってまいります。

東北地方通関一元化
東北地方(遼寧・吉林・黒龍江・内モンゴル)内にある国際物流貨物の通関を、東北地方のどの地域の税関でも通関できるという制度。


大連 山九 倉庫
(大連山九 長春倉庫)

■長春倉庫概要

倉庫名称:大連山九長春倉庫(借庫)
所在地:吉林省長春市長春汽車産業技術開発区豊越大路和首善大街交差
延床面積:18,000m2
取扱品目:自動車部品、化成品、潤滑油等
設備:鉄筋コンクリート、24時間対応可能

■大連山九国際物流有限公司について

1993年4月設立、従業員数100名(日本人3名)(2016年4月時点)。
中国東北地方の国際物流拠点である大連港を中心とし、周辺自動車メーカーへの貨物納入、24時間のミルクラン対応を実施。
効率的かつ正確な物流サービスを、東北地方全域に提供しております。

ウェブからのお問合せはこちらから





インドネシア チカランロジスティクスセンター


チカランロジスティクスセンター

弊社のインドネシアにおける現地法人、山九インドネシア国際株式会社の「チカランロジスティクスセンター」は、インドネシアで山九グループ初となる自社物流センターです

西ジャワ州ブカシ県に位置し、敷地面積は63,751m2あり、内、1期倉庫は一般倉庫が9,322m2、危険品倉庫が1,985m2の面積を有します。
また、2016年1月4日に同敷地内に開設された2期倉庫は28,629m2と、1期・2期合わせて約40,000m2の倉庫面積となり、東部工業団地内でも最大級を誇る物流センターです。
1期倉庫は開設後数か月で満床となり、その後も大規模物流センターに対するニーズが高いことを受け、当初の計画を前倒しして2期倉庫が開設されました。
2期倉庫の営業開始後は、電子部品から化学品、一般消費財など幅広い貨物へ対応してまいります。

この物流センターでは、空調完備の流通加工作業場も配備されており、定温貨物やハラル対応貨物にも対応できる倉庫仕様となっております。
また、お客様の物流ニーズに日本式の高品質サービスでお応えすることを目的に、センター内では弊社独自開発のワイヤレスハンディシステムを標準導入、作業員はタブレット端末を使用しながら、作業の「見える化」を意識した高精度な在庫管理・作業進捗管理を実施致します。

立地はジャカルタ中心部から東方37kmに位置し、近年日系企業の進出が続くグリーンランド工業団地内に位置しております。
また、インドネシアの主要港であるタンジュンプリオク港にも近く、最適な立地アクセスを誇ります。



山九 インドネシア チカラン 倉庫
(左:2期倉庫 右:1期倉庫)


■山九インドネシア国際

山九インドネシア国際は1974年に設立され、エネルギー関連やプラント建設など、プラント・エンジニアリング事業を中心に事業展開してまいりました。
ここ数年、インドネシアにおける自動車部品を中心とした物流ニーズが高まりつつあることから、同国内における3 P L 事業に参入することとなりました。

山九インドネシア国際についての詳細はこちらから


■倉庫概要

名称: チカランロジスティクスセンター
住所: 西ジャワ州ブカシ県デルタマスシティー内 グリーンランド工業団地 (ジャカルタより37km)
開設日: 2014年2月10日
倉庫仕様: 敷地面積63,751m2、合計倉庫面積39,936m2
  (1期倉庫)一般倉庫9,322m2、危険品専用倉庫1,985m2
  (2期倉庫)一般倉庫28,629m2(2階建て)、流通加工作業場657m2

山九 インドネシア チカラン 倉庫


お問合せはこちらから



サイゴン物流センター~ ベトナム南部最大の日系物流センター ~


■サイゴン物流センター

弊社のベトナム現地法人・山九ロジスティクスベトナム( 本社:ホーチミン)による「サイゴン物流センター」は、ベトナム南部のドンナイ省に位置し、敷地面積30,510m2、倉庫面積20,800m2の2階建て倉庫で、ベトナム南部における日系企業最大の物流センターです。

設備面では保税倉庫を備え、検品・仕分けなどの流通加工にも対応。

立地は多くの日系企業が進出し始めており、今後急成長が見込まれるニョンチャック3工業団地に位置し、部分開通している東西ハイウェイや、今後の主要港として注目を集めるカイメップチーバイや、2020年開港予定のロンタン国際空港に至るまで優れたアクセス性を有しております。

更に同倉庫の竣工に伴い、ベトナムとタイやカンボジアをつなぐ南部回廊物流サービスの体制も整えてまいります。

なお、同倉庫は北部に10,000m2を有するハイズン倉庫に続く、ベトナムにおける山九グループ2棟目の倉庫となります。

 
■倉庫仕様

名称: 山九ロジスティクスベトナム サイゴン物流センター
住所: ドンナイ省ニョンチャック3 工業団地内
開設日: 2015年5月26日
倉庫仕様: 敷地面積30,510m2、倉庫面積20,800m2  2階建て


■ベトナムにおける山九グループについて

2004年工場建設や重量物輸送などの機工事業を主体にする山九ベトナム有限会社を設立し、2006年には物流事業やお客様の工場構内作業支援を行う山九ロジスティクスベトナムを設立。
現在は機工から操業支援、物流に至るまでトータルにサポートできる体制を確立しております。


ベトナム物流事情はこちらから

ウェブからのお問合せはこちらから



台北桃園物流センター


■台北桃園物流センター

山九昭安國際物流股份有限公司が運営する「台北桃園物流センター」は地上6階建て約80,000 m2 の倉庫面積を持つ台湾で最大級の規模を誇り、”保税物流中心( ILC ライセンス)”を取得し、保税・非保税貨物の自主管理が可能、桃園空港から16km、台北市内・港からは30km以内と国際3PLを行うに理想的な倉庫です。


 

■山九昭安國際物流股份有限公司

山九昭安國際物流股份有限公司( 本社:台湾桃園県、山九昭安)は、平成27年5月に営業を開始しました。日本・中国・東南アジアとの貿易量が拡大する中華圏事業のハブとしての役割を担い、山九グループが強みとするアジア物流の優位性を更に高めることを目的として活動しています。国際物流事業のみならず、構内物流事業、機工事業へとサービスメニューを拡大していく予定です。


■倉庫概要

名称: 台北桃園物流センター
住所: 台湾桃園縣桃園市興邦路43巷2號
敷地面積: 34,000 m2( 倉庫面積: 約80,000m2 )
主要設備: 自動ラック、倉庫管理システム、温度管理倉庫

山九 台湾 倉庫

山九 台湾 倉庫
(左:自動ラック、中:高層ラック、右:空調設備)


お問合せはこちらから



江蘇山九物流有限公司 合肥物流センター


■江蘇山九物流有限公司 合肥物流センター

弊社の中国における現地法人、江蘇山九物流有限公司の物流センター「合肥物流センター」は、倉庫面積が6,500m2、他社倉庫の一部を賃借して営業しております。

既存客先取扱貨物量の増加に伴い、倉庫スペースの拡張性確保を目的に、2015年に開設されました。
取引先工場まで約3キロと優れた立地に位置しており、作業は全て当社で行うことで作業安全品質を確保しつつ、一般消費財をメインに取り扱っております(2015年現在)。
また、江蘇山九物流有限公司合肥支店は、同倉庫内に所在しております。

 
 (事務所棟)


(倉庫棟)


■合肥物流センター概要

名称:江蘇山九物流有限公司 合肥物流センター
倉庫面積:6,500m2(他社倉庫の一部を賃借)
住所:合肥経済技術開発区方興大道和紫石路
開設日:2015年1月4日


江蘇山九物流有限公司について

1997年7月開設。南京市において中国国内輸送業、倉庫業、国際輸送業、貨物仕分・梱包等を行う総合物流会社。


中国物流事情はこちら

ウェブからのお問合せはこちらから



広州山九物流有限公司 重慶物流センター


■広州山九物流有限公司 重慶物流センター

弊社の中国における現地法人、広州山九物流有限公司の物流センター「重慶物流センター」は、当社グループでは中国重慶市で初めての物流センターです。

倉庫面積は13,194m2 、日系化学メーカー様の配送センターとして運営をしつつ、重慶地区における客先営業及び集荷活動も展開し、中国国内物流ネットワークの構築を推進しております。(2015年現在)

一大消費地である重慶市は、内陸都市としての重要度を益々高めており、同省内に設立済の弊社成都支店とも連携し、中国西部域内の顧客サービスに努めてまいります。


 

■重慶物流センター概要

名称:広州山九物流 重慶物流中心
住所:重慶市巴南区南彭鎮公路物流園基地東城大道普洛斯物流園
開設日:2015年1月15日
倉庫面積:13,194m2(鉄骨平屋建)


■広州山九物流有限公司について

1996年11月開設。広州市を中心に輸出入フォワーディング業務、国内輸送業務、倉庫作業などを行う総合物流会社。山九グループの中国における最大の倉庫「華南物流センター」や、自社車両100台を有する中国における最大規模の現地法人。


中国物流事情はこちら

ウェブからのお問合せはこちらから



山九レムチャバン・アマタシティ フレイトセンター


■山九レムチャバン アマタシティ フレイトセンター

弊社のタイにおける現地法人山九レムチャバンのアマタシティ フレイトセンターは、タイ国東南部にある日系企業の進出著しいアマタシティ工業団地内に設置され、敷地面積44,800m2、倉庫面積19,920m2、360m2の事務所棟を備えています。

傾斜地形を生かして建設されているため、倉庫背面ではトラックを対象とした貨物積み卸しをフォークリフトで行いながらも、倉庫前面では庫内床面と同じ高さのまま、海上コンテナへの積み卸し作業が可能です。
主要取扱貨物は、自動車部品及びOA機器部品や日用品を中心とした一般貨物などです。

2011年の同国における洪水災害以降、各企業の生産拠点をタイ東部に集中する傾向が続いており、近隣進出企業から物流センターについての引き合いは多く、今後も増加傾向が続いていくものと考えられています。
この様な背景のもと、内陸側の大型工業団地に隣接する同倉庫は、お客様の調達物流における基幹倉庫としての役割を担うべく設立されました。


 


■倉庫概要

名称: 山九レムチャバン株式会社 山九アマタシティフレイトセンター(略称: SACFC)
住所: 289 Moo4 , Mapyangporn, Pluakdaeng , Rayong, 21140 Thailand
    タイ王国 ラヨーン県 プルックデーン郡 マープヤンポーン集落4 289番地
開設日: 2015年1月1日(借庫)


■倉庫仕様

敷地面積:44,800 m2
倉庫面積:19,920 m2 平屋・鉄骨作り
事務所棟面積:360 m2
取扱品目: 自動車部品、OA 機器部品、日用品その他


タイにおける現地法人(3社)のご紹介

ウェブからのお問合せはこちらから




前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.