TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
国内通関情報
輸送・倉庫・CY情報
倉庫・CY情報
輸送・法令関連情報
エコビジネス情報

大分東支店 山九大在コンテナヤード(大分港)

前のページへ戻ります
平成28年9月1日、大分総合物流センター4号倉庫敷地内に、山九大在(おおざい)コンテナヤード(以下、山九大在CY)が開設されました。

山九大在CYは、大分大在コンテナターミナルから1キロ圏内と好立地で、敷地面積8,000m2、最大500TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分の容積)の保管能力を有しております。
この開設により、併設する倉庫での荷役作業・保管機能との組み合わせで、余分な作業コストをかけることの無いワンストップサービスを、お客様へ提供することが可能となりました。

大分港は、豊後水道や関門航路、瀬戸内海の海上交通の要衝に位置し、東九州の物流拠点として、九州横断自動車道や東九州自動車道の整備など後背地へのアクセスが、近年飛躍的に向上しています。
山九は、今後の大分港での海上輸送貨物増加を見込み、新規取扱貨物の獲得を目指します。

また、山九大在CYの開設に併せて、内航コンテナ輸送サービスを開始しております。
大分―京浜地域間を、山九保有のコンテナと井本商運株式会社が提供する内航コンテナサービスを組み合わせ、貨物の輸送を行ってまいります。

■山九大在CY 概要

名称:山九大在コンテナヤード
住所:大分県大分市大字大在2番地(地図
敷地面積:8,000m2
保管容積:500TEU

山九 大分 コンテナヤード

■大分総合物流センター4号倉庫について

敷地面積:15,865m2
延床面積:  7,598m2(鉄骨平屋建て)
主要業務:入出庫・保管作業

大分総合物流センター4号倉庫詳細はこちらから


ウェブからのお問合せはこちらから

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.