TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
中国物流事情
インド物流事情
山九のインド展開
インドの物流事情
ベトナム物流事情
ブラジル物流事情
東南アジア物流事情
メキシコ物流事情
韓国物流事情
海外現地スタッフ・ブログ

本船到着後のコンテナーの動きについて

前のページへ戻ります

インドでは、本船到着後CYにて輸入通関は行われません。
CYの収容能力が低く、輸入コンテナを保管する十分なスペースを確保できない為です。

そのため、輸入コンテナは本船到着後、各船会社の指定するCFS(Container Freight Station)、またはICD(注1)に横持ちされます。
コンテナがCFS、またはICDに移動されたことが、システムで確認後輸入通関が開始されます。

ここでは以下のとおり、①ナバシェバ通関-デリー近郊配送 ②ナバシェバCY- ICD Tuglkhabad通関-デリー近郊配送について、コンテナの流れのイメージを紹介させて頂きます。(注2)


 インド輸入フロー(空コン)

 

◆一般的な所要日数(N=本船到着日)

 インド輸入フロー(所要日数)

 

(注1): ICD とは Inland Container Depotの略で、CFSを兼ねた、内陸CYのことです。揚げ港からは、船会社の手配する鉄道
     で移送されます。
     ICD Tuglkhabadは、ICD DELHIとも呼ばれる、デリー近郊で最もメジャーなICDです。

(注2): ①ナバシェバ/船社指定CFS、または②ICD Tuglkhabadのどちらで通関するか、また輸出者と輸入者のどちらが費用を
    負担するかについては、輸出者と輸入者の間で取り決めます。
    かりに②まで輸出者負担で輸送する場合は、日本から輸出の際に船社へBookingする時に②までということでBooking
    する必要がございます。

(注3): 通常ナバシェバにて、鉄道に載るまでに3日、鉄道輸送(ナバシェバ⇒ICD Tuglkhabad)に3日を要します。
     しかしながら、時期によってナバシェバ港にて、鉄道に載るまで10日以上を要することがあります。

(注4): ナバシェバ-デリー間の輸送時間は約1,400KMの距離があります。トラックの平均走行時速30KM/一日平均約10時間
    走行として300KM/日の走行距離となり、5日間を前提としております。

(注5): 上記所要日数には土、日、祝日はカウントされておりません。通関期間中に土、日、祝日が挟まりますと++となります。
 

 インドにおける輸入手続についてはこちら

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.