TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
国内通関情報
輸送・倉庫・CY情報
倉庫・CY情報
輸送・法令関連情報
エコビジネス情報

神戸支店 西神戸物流センター

前のページへ戻ります

■西神戸物流センター

西神戸物流センターは、神戸市が展開する複合産業団地「神戸テクノ・ロジスティックパーク」に位置し、20,000m2の敷地面積に28,613m2の延床面積を有するBCP対応を考慮した免震構造4階建ての、セキュリティ・エコ機能も備えた次世代型物流センターです。
主要取扱貨物は、電子機器となります。

倉庫内には11台のドッグボードと、4基の垂直搬送機、2基のエレベーターを備え、スムーズな荷物の出し入れが可能な自動立体倉庫を備えています。
緊急時の非常電源も備えるほかに、倉庫作業のフォークリフトや連絡用の業務車両などは、全て電気化しております。

神戸テクノ・ロジスティックパークは神戸淡路鳴門自動車道や山陽自動車道に近く、アクセス性に優れる、製造・流通・研究開発拠点が集まる複合産業団地であり、当倉庫をうまく活用した物流業務の効率化をご提案いたします。


神戸 物流センター


■西神戸物流センター 概要

名称:山九株式会社 西神戸物流センター
倉庫面積:24,480m2(7,418坪)
住所:兵庫県神戸市西区見津が丘3丁目16番1 [地図]
開設日:2015年5月19日

■西神戸物流センター 仕様

階層: 地上4階建て
空調区域:1,320m2×2室
床形式:北西プラットフォーム = ドッグボード11基
    南低床式荷捌き場 = 50m×25mの大型庇
床荷重:1.5t/m2
天井高:梁下有効高さ 6.0m
駐車場:トラック 60台 / 乗用車 20台

■サービスメニュー

  • 調達物流サービス・・・電子、自動車、建機他部品、半製品、完成品の輸出型パーツセンター
  • 精密機器物流サービス・・・医療機器他、精密機器の倉庫保管~梱包~据付までの一貫物流
  • 消費財物流サービス ・・・内需関連商品のTC/DCの機能、及び小分け、ラベル貼付等流通加工対応
  • 三国間物流サービス・・・阪神港、関西国際空港を玄関口とするクロスボーダー物流サービス


センター機能紹介

  • BCPに配慮した内陸型の物流センター(免震構造)
  • 倉庫機能に加え、梱包・流通加工にもきめ細かく対応
  • 書類作成から通関~輸送までの一貫輸出入サービス
  • 生産設備・精密設備の輸送・搬入・据付
  • 海外現地法人27社と日本を繋ぐ国際物流ネットワーク
  • 高度なシステムカで物流の「見える化」を実現

■事例:精密機械メーカー入出荷業務フロー

西神戸 物流センター

西神戸 物流センター




お問合せはこちらから

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.