TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
グローバルロジスティクス
国内ロジスティクス
物流情報システム
JP24(AFR)出港前報告制度

出港前報告制度(AFR)とサービスプロバイダーについて

前のページへ戻ります

弊社は平成25年4月2日NACCSセンターとの間でサービスプロバイダー(SP)契約を締結しました。
   出港前報告制度のサービスプロバイダー契約締結について(JP24)」 についてはこちら

出港前報告制度(AFR)におけるデータ送信は是非、弊社サービスをご利用下さい。
物流業者としてのきめ細かなサービスをご提供致します。
弊社サービスのご利用に関するお問合せは以下までお願い致します。
  お問合せ先: afr@sankyu.co.jp

  パンフレットはこちら

出港前報告制度とサービスプロバイダーについて、ご説明させて頂きます。

■サービスプロバイダー(山九)について
NACCS経由で日本税関へ出港前報告データを送信するサービスを報告義務者へ提供することが出来るシステム業者のことです。
NACCSではnetNACCSという入力システムが存在しますが、海外での使用は禁止されている為、
海外からのデータ入力はSPのシステムを利用することがメインとなります。

■出港前報告とは
日本に入港しようとする船舶に積み込まれる海上コンテナー貨物に係る積荷情報について、原則として当該コンテナー貨物の船積港を当該船舶が出港する24時間前に、詳細な情報を、電子的に税関へ報告することを義務付ける。 ⇒ H26年3月施行開始
我が国の国際物流におけるセキュリティレベルを国際標準にあわせ、テロ行為や国際組織犯罪を未然に防止するため、税関において、より早い段階で海上コンテナー貨物に関する詳細な情報を入手することにより、これまで以上に水際における取締りを強化する必要があることから本制度が導入されます。

■出港前報告制度の手続きフロー概要

 

■報告義務者と報告方法について

◆報告義務者について
  ・船社とNVOCCです。
   (船舶代理店の場合は日本に限定され、船社と船卸港での受委託関係が登録されて
             いなければなりません。)
  ・海上コンテナ貨物で日本に輸入する貨物・日本の港に仮陸揚げする(Transship)貨物は報告必須です。
  ・船舶の種類は関係無し:在来船でも海上コンテナ貨物であれば報告必須です。
  ・報告する為にはNACCSに参加することが必須です。
          (※船社、NVOCCとしてNACCS用ID取得が必須です)
  ・船社、NVOCCともに、NACCSに船会社コードが登録されていなければなりません。
   (米国のSCAC取得済の場合はそのコードを使用)
  ・NVOCCに関しては、FCL/LCLに関係なく、船社が報告対象としているマスタB/Lと直接紐づく
          ハウスB/Lの場合は報告必須です。
   (※上位B/LがハウスB/Lの場合は報告不要)
    

◆弊社サービスプロバイダー(SP)システムをご利用する場合の報告方法について
 1.NACCS経由で報告する為のIDを取得します。(NACCSの出港前報告制度掲示板から申請可能です。)
 2.NACCS用船社コードを取得します。
 3.上記により以下のいずれかの方法でデータ登録(報告)が出来ます。
   ①弊社SP(サービスプロバイダー)システムでデータ登録
   ②弊社が代行入力を行う(※申請者IDと船社コードを弊社にお知らせください)
    ※アップロード又は、弊社とのEDIにより入力を簡素化することも可能です。

出港前報告制度掲示版についてはこちら(NACCSセンター)

出港前報告制度の導入についてはこちら(税関)

お問合せ先 : afr@sankyu.co.jp

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.