TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
グローバルロジスティクス
国内ロジスティクス
物流情報システム
JP24(AFR)出港前報告制度

出港前報告制度のサービスプロバイダー契約締結について(JP24)

前のページへ戻ります

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、平成25年4月2日に「出港前報告制度」(AFR)のサービスプロバイダー(SP)契約を輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCSセンター)との間で締結しました。
出港前報告制度は、海外から日本国内に入港する海上コンテナ貨物に係る積荷情報を、原則として船舶が出港する24時間前までに電子的に税関へ報告することを義務付けるもので、平成26年3月から施行されます。

この契約締結により当社は、NACCSセンター経由で日本の税関に出港前報告を行うためのシステムを当該制度の報告義務者である海外の船会社及び利用運送事業者(NVOCC)に提供するサービスを開始します。
当社は、日本税関及びNACCSセンターと緊密に連携しながらこの新しいサービスを充実させることで、国際貿易における安全確保とコンプライアンス、日本の国際物流の発展に取り組んでまいります。

サービス内容・契約手続等の詳細については、別途お知らせする予定です。
この件についての問合せ先: afr@sankyu.co.jp

「出港前報告制度」の詳細については、下記のリンクをご参照ください。
出港前報告制度掲示板(NACCSセンター)

出港前報告制度の導入について(税関)

 

ウェブからのお問合せはこちら

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.