TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
国内通関情報
輸送・倉庫・CY情報
倉庫・CY情報
輸送・法令関連情報
エコビジネス情報

最新型内航船(749型トン)を建造中 -その1

前のページへ戻ります

近年、世界的な規模で省エネルギーが大きな課題になっており、国内の貨物輸送でもエネルギー効率のよ い輸送が求められています。
内航海運が1トンの貨物を1km運ぶのに必要なエネルギー消費量は自家用トラックの20分の1、営業用自動車の約4分の1と、エネルギー効率が優れています。

国内の貨物輸送の分野では、トラックへの過度の依存から生じた道路混雑や騒音公害への対応と、二酸化炭素排出の削減をめざす地球温暖化対策等の環境問題への取り組みが強く求められています。


そこで、トラックが運んでいる貨物の一部を二酸化炭素の排出が少なくエネルギー効率のよい内航海運や鉄道に振り替える“モーダルシフト”が推進されています。

内航海運は、このように地球環境の保全にも大きく貢献しており、エネルギー効率がよく『地球にやさしい内航海運』への期待が高まっています。

弊社でも環境にやさしい、低コストの輸送手段として旧型船から新型船へリニューアルを始めております。

 

◆建造状況

現在の建造状況は、写真の通りで今年3月末を完成予定としております。

内航船
内航船  (2011年1月現在)


◆完成予想図

  • 総トン数 749トン
  • 載貨重量トン数 2,000K/T
  • L.D.B. 95.0×13.5×7.1M
  • 速力 14.75ノット
  • コンテナ積載能力 195TEU
  • リーファープラグ 52基

内航船 


お問合せはこちらから

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.