TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
中国物流事情
インド物流事情
山九のインド展開
インドの物流事情
ベトナム物流事情
ブラジル物流事情
東南アジア物流事情
メキシコ物流事情
韓国物流事情
海外現地スタッフ・ブログ

山九インド株式会社のご紹介

前のページへ戻ります

■山九インド株式会社概要

私達は、現場に根差したサービスをお客様に提供することを第一としています。
そのため、「現場に行って」、「現物を見て」、「現状に即した対処をする」という三現主義を実践しております。
チームワークを大切に、スタッフ一同、一致団結してインドに挑戦しております。

  • 設立: 2010年7月23日
  • 名称: 山九インド株式会社(SANKYU INDIA LOGISTICS & ENGINEERING PRIVATE LIMITED)
  • 所在地: Sector43, No.510, Global Foyer Golf Course Road, Gurgaon, Haryamna  
  • 資本金: 22,500万ルピー
  • 業務内容:物流-FWDG、倉庫、輸送
              機工-据付 他
            構内作業
  • 従業員: 350名(内、日本人8名)、2015年11月時点


山九インド本社事務所入居予定ビル「Global Foyer」
(本社事務所入居ビルのGlobal Foyer)


■山九インド事務所拠点マップ

本社: 山九インド グルガオン本社
営業事務所(倉庫含む):
  ニムラナ事務所、バンガロール事務所、チェンナイ事務所、ムンバイ事務所、
  ガリハルサール倉庫、グレーターノイダ事務所、アーメダバッド事務所
 
仮事務所: コルカタ、ハイデラバード、プネー(協力会社事務所所在地)
         


(インド地図と拠点)

 

■インド物流でこのような問題を抱えていませんか。

  1. インド到着後、国内の最終納品までのL/Tが不安定だ。
  2. インド国内の物流コストが不明確。
  3.  工場構内の保管スペースが飽和状態である。
  4. 構内における工事の品質が悪い。

 輸送モード、輸送ルート、起用倉庫 、工事業者などのインド物流スキームを見直してみませんか。

山九 インド

 <山九インドの物流サービスをお試しください>

  1. デリー郊外(北部)エリア向けサービス
      A)  ナバシェバ港揚げ~トラック直送
        ※自社車両投入により、品質が向上
      B)  ナバシェバ港揚げ~最寄ICDへの鉄道輸送~トラック納品
      C)  ムンドラ港/ピパパブ港揚げ(代替港)
  2. 日本発混載サービス
  3. ガリハルサール倉庫(山九インドによるオペレーション)
  4. 機構サービス

  など、インドの物流は山九インドへご相談ください!

 
(現地スタッフ・協力会社スタッフたちと) 

 

お問合せはこちらから

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.