TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
サービス概要
事例紹介
関連情報

45ft 国際海上コンテナ輸送の実証実験

前のページへ戻ります

■国土交通省関東地方整備局/45ft 国際海上コンテナ輸送の実証実験

◆貨物を積載した45ftコンテナ鉄道輸送を検証する我国初の試み
  (京浜港物流高度化推進協議会・背後圏内陸部輸送WGの取組み)

45ft国際海上海上コンテナ(実入)の鉄道輸送と荷役に係る課題を検証するため、東京港~東京貨物ターミナル駅~宇都宮貨物ターミナル駅~内陸部荷主間における実証実験(H21.2.24 化学部/片岡参与が東京貨物ターミナル駅構内で取材)

  • 45ftコンテナは40ftコンテナに比較して5ft(約1.5m)長いコンテナ。

  • 45ftコンテナは2005年10月にISO規格化され、現在、北米~中国航路において多数利用されており、今後、世界において同コンテナの取扱いが増加する可能性がある。

  • 積載容積が大きいため軽量物を輸送する荷主のニーズは高く、また、国際競争力強化の観点から国内への導入が求められている。

  • 国際3PLにおける効率化(輸送容器の大型化)に向け、我国への導入が期待される。

 

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.