TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
グローバルロジスティクス
国内ロジスティクス
物流情報システム
JP24(AFR)出港前報告制度

中国での域内ミルクラン

前のページへ戻ります

■ミルクランとは

1台のトラックで定時運行により複数工場から集荷・納入する方法です。
牛乳業者が酪農家を回りミルクを引きとるのに似ていることから「MILK RUN」と呼ばれています。
各工場の納入がトラック1台に満たない場合や工場が密集している場合に有効な手段です。
工場所在地により最適なルートを設定し運行しています。

■域内ミルクラン

◆取組みのポイント

  1. 作業体制    ①WING/カーテン車使用
              ②ドライバー(自社)固定配置・教育
  2. 定時運行    作業遅延管理・報告の徹底
  3. トラブル対応  遅延発生時の緊急連絡体制の整備
  4. 納期遅延対策 BACK UPルートの設定

■定期混載トラック便+域内ミルクラン

定期混載トラック便との併用で、域内ミルクランにて集荷した貨物を、広州⇔上海⇔北京/天津地区へ納入するサービスも実施しております。
運行管理にはGPSを順次導入しております。


 
《広域輸送》
1. 広州 ⇔ 上海 ⇔ 北京 定期混載便サービス
自社車両による定期運行と充実した自社集配送センター機能により、安心してご利用頂けるDoor to Doorサービスをご提供致します。
 
《域内輸送》
2. 華南地区ミルクランサービス
指定工場への集配送を毎日定時運行。客先の在庫削減だけでなく物流費用の削減にも貢献。主に自動車部品メーカーへサービスを提供しています。
3.広州市内自社混載サービス
番禺物流倉庫を基点に、華南地区一帯を混載便でカバー。小口貨物に対する輸送体制も整備されています。  

●GPSによる運行管理

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.