TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
グローバルロジスティクス
国内ロジスティクス
物流情報システム
JP24(AFR)出港前報告制度

「保税地域」を起用した物流サービス

前のページへ戻ります

各種保税地域を活用した様々なサービスをご提供しています。
以下に代表的なサービスの一部をご紹介いたします。

■保税ストック/JIT配送

中国の複数客様向けの貨物を保税地域でストックすることで、貨物を集約し輸出件数の削減、物流コストの削減を行うものです。
保税地域からは各輸入者が通常の輸入通関手続きを行い、輸入します。

不特定多数のユーザー向けに物流を取りまとめ、保税ストックすることでコストと時間を短縮



■バイヤーズコンソリ

中国の複数ベンダーの貨物を物流園区・総合保税区・保税港区で日本企業の非居住者資産として保管し、必要な時に、必要な貨物を、必要なだけ輸入する方法です。
ベンダーは、輸出通関後、上述の保税地域の貨物を搬入することで、代金決済及び増値税還付用の書類を受取ることが出来ます。

日本バイヤーの非居住者資産として中国国内で保管することにより、
必要なときに、必要なものを、必要なだけ輸入する



■製品・部材の国内販売

中国の委託先で生産された部材や製品を物流園区・総合保税区・保税港区へ輸出し、日本企業の非居住者資産として保管、中国のユーザーへ販売する方法です。
中国のユーザーは通常の輸入通関手続きを行い輸入するため、外貨送金の問題もありません。

中国国内工場への委託加工製品を物流園区渡しにし、他の中国ユーザーへ供給
決済・税還付・外貨送金が可能
海外に輸出して再輸入するコスト・日数の削減が可能

 

■非居住者資産の所有権移転

保税地域で非居住者として保管している貨物は、所有権移転が可能です。
成約・決済を日本国内または第三国で行い、所有権を移転します。

物流園区内での所有権の移転を実施

 

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.