TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
中国物流事情
インド物流事情
ベトナム物流事情
ブラジル物流事情
山九のブラジル展開
ブラジルの物流事情
東南アジア物流事情
メキシコ物流事情
韓国物流事情
海外現地スタッフ・ブログ

ブラジルの保税保管

前のページへ戻ります

■ブラジルでの保税保管の特徴

◆内陸保税倉庫での保税保管

◆保税での保管期間は1年で、さらに1年の延長が可能で、許可されれば最大3年間

◆保税保管する場合のCONSIGNEEは、必ずブラジルに居住しRADAR登録(※)が必要

◆保税保管された貨物を、随時必要数量のみ輸入通関して輸入することが可能で、その際に輸入諸税の支払いが発生

◆保税保管貨物を再輸出することが可能
  →この場合輸入諸税は発生しない

◆保税倉庫での目安保管料は、一期10日間で、CIF価格×0.35%
  起用する保税倉庫により異なりますので、随時お問い合わせ下さい。

※RADAR登録とは
連邦国税庁が管理する、輸出入業者登録のことです。登録が許可されてはじめて輸出入取引の申請、通関が可能となります。

 ■The DRY PORT SÃO PAULO 保税倉庫

山九が業務提携している保税倉庫のひとつである、サンパウロにある内陸保税倉庫です。山九ロジスティクスブラジルが、内陸保税倉庫への輸送・保管をコーディネート致します。(山九ロジスティクスブラジル株式会社ホームページ
 

             

 ■マナウスフリーゾーン

◆マナウスフリーゾーンとは
大西洋に面するアマゾン川の河口から、約1700km上ったブラジル北部に位置する都市マナウスにおいて、税制恩典を受けることができる区域のことです。

◆税制恩典
・PPBに基づき輸入原料・部品がマナウスで生産された後、域外に出荷される際に輸入税の88%が控除される
 (マナウス出荷時に通関処理)

◆マナウスフリーゾーン(ZFM)で税制恩典を受けるためには?
・PPB(※)の申請と取得が必須
   ⇒SUFRAMA(マナウスフリーゾーン監督庁)へ申請
   ⇒90日~120日間で許可が下りる
※PPBとは
Processo Produtivo Basicoの略で、基礎製造工程基準のこと

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.