TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
本船スケジュール・動静
その他サービス関連情報
サーチャージ

船舶の燃料品質に関する環境規制強化による燃料費上昇について

前のページへ戻ります

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。


さて、2020年1月1日より、国連の海事関連専門機関である国際海事機関(IMO:International Maritime Organization)が交付した、船舶の燃料品質に関する環境規制が発効されます。

これにより全世界で航行する船舶は、その燃料の硫黄分を現行の3.5%から0.5%まで引き下げる必要があり、結果として船舶を運行する海運会社は、従来よりも高品質(高価)な燃料を使用する、あるいは定められた量を超える硫黄分を大気中へ放出しないよう船舶を改造する必要があります。


具体的な各海運会社の対応は、以下の3ケースに分かれております。

  1. 0.5%以下の硫黄分に抑えた燃料の使用  

  2. 従来の燃料を使用するが、硫黄分を0.5%以下に軽減させるスクラバーと呼ばれる機械の設置

  3. LNG等の、より環境負荷が少ない燃料への切り替え(ただし大掛かりな改造が必須)

各海運会社とも環境規制に伴うこれらの対応を行うため、今後の燃料サーチャージの値上げや新たな燃料系サーチャージ導入を表明しており、早くは2019年10月から対応を開始するとの報告も複数社より受けております。

山九株式会社は、各海運会社の動向に注視し、この件に関する情報を入手次第またご案内させていただきますので、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。


<参考情報>                                                  

SOx規制への対応について(国土交通省HP)      

Sulphur 2020 – cutting sulphur oxide emissions (国際海事機関(IMO)HP(英語))        


お問合せ先:国際物流推進部マーケティングG

ウェブからのお問合せはこちらから

環境規制強化による燃料費上昇について
環境規制強化による燃料費上昇について
前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.