TOPページへ   サイトマップ  サイト内検索: 検索
国内通関情報
通関ニュース
お役立ち通関情報
輸送・倉庫情報
エコビジネス情報

品目コード/HS CODEについて

前のページへ戻ります

■品目コードとは

「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて定められた番号の事です。商品を輸出入する際には、各商品はいずれかの品目コードに分類されます。その品目コードから、関税率、原産地規則を調べることができます。

品目コード(日本では、9桁の統計番号)は品目の種類毎に分かれています。構成は「類=上2桁」と「項=上4桁」、「号=上6桁」に「統計細分=下3桁」を加えた番号からなり類→項→号→統計細分と桁数が多くなるに従ってより細かな細分で種類分けされます。6桁までは世界共通ですが、7桁目からは国別に定められた細分方法が使われます。 日本は9桁までですが、アメリカでは10桁まで定められています。

      

■品目を調べるには

◆日本から輸出する場合:

【輸出統計品目表】日本関税協会出版もしくは税関ホームページ:輸出統計品目表を用いて調べます。
     税関ホームページ:輸出統計品目表

◆日本へ輸入する場合:

【実行関税率表】日本関税協会出版もしくは税関ホームページ:輸入統計品目表を用いて調べます。
     税関ホームページ:輸入統計品目表(実行関税率表)

※品目コードはH.S.の分類規則に従って決定するため商品によっては簡単に決定できないものもあります。その場合は税関の相談窓口へ問い合わせすることをお勧め致します。

※HS条約は時代の流とともに過去1992年、1996年、2002年、2007年に改正がされました。現在、主な輸出入実務は2007年に改正されたHS2007が利用されています。
EPAでは2007年の改正がされる以前に交渉を開始した国、地域があります。これらの国、地域に関してはHS2007に改正される前のHS2002を利用していますので品目コードを確認する際は2006年以前の実行関税率表を確認してください。

■EPAを利用する際に注意すること

品目コードの号=6桁までは世界共通です。日本側で調べた品目コードと取引相手国が調べた品目コードの6桁が一致することが必要です。ところが商品によっては品目分類の解釈が複雑でお互いの国の品目分類が異なり品目コードが一致してない場合が有ります。このような場合商品が一致しないこととなりEPAの利用ができなくなることがあります。事前に相手国の輸出入者を通じて品目コードが一致しているかを必ず確認することをお勧めします。


このコンテンツはお客様の利便性向上のための一般情報公開を目的としており、その正確性を期しておりますが、その内容に関する正確性・安全性を保証するものではありません。
万一当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

前のページへ戻ります
ページTOPへ戻る

COPYRIGHT © 2010 SANKYU INC. ALL RIGHTS RESERVED.